五島市長選挙~新人候補・中西だいすけの敗因を徹底分析~

2020年の市長選挙に大敗した中西です。

【票数】

  • 野口市太郎 14,429
  • 中西大輔 3,991

周囲の方からは

「移住して3年半の割には、よく頑張った!」

とお褒めの言葉を頂きます。

しかし私は、真剣に勝負に勝つ気でいました。

(笑ってください)

 

蓋を開けて、数字だけ見ると、大敗・惨敗です。

 

フルマラソンに出場して10kmでリタイアするようなモノです。

 

勝負に負けるのは、悔しい!

 

8月30日の開票を見守りながら、

支援者の方の落胆した表情を見て、

私は心底そう思いました。

 

そこで本日は、

なぜ負けたのか?

その理由を「自分の責任ベース」で検証してみます。

(他人の責任ベース(政党とか支持母体とか)は割愛します)

 ~プロフィール~

31歳の中西だいすけには

・確かな実績がない(現職は市長として8年間の実績がある)

・豊かな経験がない(現職は県庁で30年以上の行政経験がある)

・地元じゃない(現職は五島生まれ、五島育ち)

これだけ並べてみると、「そりゃ厳しいよね」って感じになります。

2倍以上の人生経験は大きなハンデです。

~出馬動機~

多くの市民の方に対して

・なんで移住者がでるの?

・なんでいきなり市長を目指すの?

が十分に伝えられず、ネットを使わないご高齢世帯への訴求が弱かったです。

もちろん、私が構成・執筆したコンテンツの質が低い事も原因の一つです。

結果、多くの方にとっては

「よく分かんない都会の若者・よそ者」

のイメージが大半だったかと思います。

~政治活動~

約2年間、地道にコツコツと集落に足を運び、前半は

・地域のお困りごとをヒアリング調査

・IT出張でPC、スマホのトラブル対応 を続けました。

が、それでは圧倒的に「数」が足りないので、方針転換して

 ・「地域課題に対する提言」を盛り込んだリーフレットのポスティング

・五島の課題や政策を訴える街頭演説

を追加。しかし、中々「コアなファン」の獲得には繋がらず、「薄く広く」の情報発信になってしまいました。

本当であれば、

  • 選挙の時に10人の投票を促してくれる1000人の支援者

獲得を目指すべきでしたが、私は

  • 10000人に対して広く浅い情報発信

になってしまっていました。

まとめ

上記の点を言い換えると、

  • ハンデ:プロフィールで超不利(人生経験・出身地に大きな差)
  • 条件:強みが活かせない(ネット情報が伝わりづらい)
  • 戦術:「選挙」を見据えた「政治活動」になっていない

という部分が負けの要因として大きいと感じます。

1万票以上の差が付いた原因は、

  • 現職:地元だし、信頼できるデータが沢山ある
  • 中西:非地元だし、何を考えているのかよく分からん

という部分だったかと思います。

改めて振り返ってみると、

超難易度の高いレースに挑戦したな。。。

と思います。

おまけ

出馬する前、

どうせ絶対に無理だから、止めておけ

と多くの方から言われました。

挑戦した結果、まさしくその通りになりました。

 

結果として、3990人(自分は除く)の方の期待に応えられない形となりました。

 

しかし私は、挑戦した事自体は良かったと思っています。

 

きっと私に投票してくれた方も、同じ気持ちではないでしょうか。

 

若い人が挑戦してくれて嬉しい・頑張ってほしい

 

という声を沢山聴けた事が嬉しかったです。

 

それに、選挙を通じて得られたものも沢山あります。

 

 

それについては、別記事で紹介したいと思います。

市長選挙の最新記事8件