市長選挙の費用について経験者が解説

ねこ
市長選挙の費用はどのくらい?

この疑問に答えます。

1年半の準備期間で選挙に臨んだ経験から言うと、

大体300万円~400万円前後

です。もちろん、活動内容によっては節約も可能です。

本日は、費用算出の考え方について、実体験をもとに紹介をいたします。

費用の考え方

選挙の費用は大きく分けると、「政治活動期間(告示日前)」と「選挙活動期間(告示日以降)」に分かれます。

政治活動期間中

政治活動期間中の費用は

政治活動の日数×活動の規模

で決まります。極端に言えば、政治活動を全てYouTubeでの情報発信にすれば、殆ど費用は掛かりません。

私の場合は、外での活動も多かったので、もろもろの費用が掛かりました。

【準備編】

  • 選挙マニュアル本
  • ゼンリンの地図
  • 街頭演説用スピーカー
  • 活動用Tシャツ
  • 選挙事務所費用(リノベ+維持費)

【活動編】

  • 移動の交通費
  • 飲食費
  • リーフレット代
  • ポスター代

などです。私の場合は、期間が1年半でしたので、大体合計で250万円くらいでした。

当り前のことですが、「選挙活動の期間中は報酬が発生しない」と言う点についても注意が必要です。

私は個人事業主なので融通が利きましたが、「本格的な活動を始める時期」について、事前にしっかりと決めておきましょう。

供託金

一定数の票数が取れないと帰ってこない「供託金」も準備が必要です。

市町村の場合は100万ですが、私は無事に帰ってきました。

ありがとうございます。

選挙期間中

選挙活動期間に関わる費用は収支報告書の提出が必要です。私の場合は、

  • 人件費:100,000円
  • 選挙事務所費用:35,000円
  • 交通費:約20,000円
  • 食糧費:約100,000円
  • 雑費:約25,000円
  • 印刷費:約150,000円
  • 広告費:約230,000円

総額:約660,000円

でした。(公費負担となる選挙カー、運転手日当、ガソリン代を除く)

上記のうち、ポスターの印刷代も公費負担となるので、実質的には50万円程度です。

出馬意向の方へ

選挙は意外とお金がかかりますので、

事前に何を行い、何にお金をかけるのか、見積もりをしておきましょう。

費用の計算は、日数と活動規模に依ります。

選挙期間中は公費で負担できる部分もありますので、事前にお住いの自治体の制度を調べておくことをおススメします。

自己資金で全てを賄うのは難しいかもしれませんので、信頼できる借入先を確保しておくと良いでしょう。

昔の選挙はもっとお金が掛かった

「お金をばら撒く」のが当たり前だった昔に比べると、資金面でのハードルは格段に下がっていると感じます。

信じられないかもしれませんが、五島市の場合、地元で長年政治をやられてきた方からすると、

市長選挙に4千万円くらい

かかるのが当たり前だったそうです。

それと比べると、現在は選挙の費用を10分の1程度に抑える事が出来ます。

市長選挙の最新記事8件