スマート農業の持続可能性に対する疑問

新人議員研修

新人議員研修にて、こちらを受講しました。

https://www.jiam.jp/workshop/doc/2021/21603/a7998ea084a0ade29679617a6c559ec68446b831.pdf

その中で、「これからのスマート農業」についてお話があったので、感想の紹介です。

時代の流れ

省力化・無人化は世界的な流れですので、「農業のスマート化」は避けられないと思いました。

金融サービスから一次産業まで、この大きな波に抗うことは出来なそうです。

農業への転用?

ただ、徹底的に効率性を重視した「管理型農業」については疑問を感じました。

https://smartagri-jp.com/smartagri/969

1. 利用者の疑問

従来、「人力+農家のカン」で行っていた農業をロボットに置き換えると、大量の「スマート器具」が必要となります。

農家を始める人にとってまず大きいのが「機械の初期導入費用」です。

従来の農業に比べて、スマート農業では周辺機器も含み、大量のIoTデバイスが必要になります。

公演の中では、「シェアリングサービス」という形態が紹介されましたが、採算が合う形となるには、一定程度の「契約者数」が必要です。

現在はNTTや大学をはじめ、ネームバリューのある主体がスマート実証実験を行っているので、成り立っています。

しかし、税金の補助がなければ「スマート器具のリース代」はかなりの総額になりそうです。

実証実験が終了した後、果たして「スマート器具」の利用者がどれだけいるのか、疑問に感じました。

2. ランニングコストの疑問

農家を悩ませる大きなテーマは、言うまでもなく「自然災害」です。

作物だけでなく、ハウスや農機具も災害の影響をもろに受けます。

従来は5つの器具だけで成り立っていた農業が、スマート化によって機械の数が20になったとします。

そうなると、自然災害でダメージを受けるリスクは4倍となります。

大規模化する自然災害だけでなく、農作物への昆虫の被害や病気の変異などを考えると、

「スマート器具のランニングコスト」

はこれからも確実に増加するのではないでしょうか。

3. 市場競争での疑問

当然ですが、スマート農業で育てられた作物も、市場で消費者に選んで貰わなければ持続できません。

スマート農業の大きな売りは、「徹底した品質管理」による安定的な生産物です。

そのため、生育が遅かったり、形が不揃いな作物は、AIのアルゴリズムで弾かれてしまいます。

こうした生産方法は大量生産には向いていますが、小規模で特徴的な商品は生み出しづらいのではないでしょうか。

それに、AIで生産できる農作物は、容易にその製造方法がコピー可能となります。

消費者のニーズが多様化する中で、「画一的なスマート農産物」が市場で差別化できるのか、今一つ疑問です。

差別化という観点では、「人の手が入らない」商品は付加価値を発揮しづらいと感じます。

差別化して高付加価値となる農作物は、

「生産者の顔が見えない農作物」

よりも、

「生産者の顔や、生産にかける情熱量が見える商品」

ではないでしょうか。

何のためのスマート化?

そもそもですが、スマート農業には

「何のために?」

という思想が今一つ希薄であるように感じました。

農家の労働力不足を解消するため

と言えばそれっぽいですが、果たしてICTの利活用の専門家ではない農家さんが、スマート化を望んでいるでしょうか。

私はむしろ、「スマート農業」は、AI化される社会全体における「一つの領域」に過ぎないと感じています。

主導権は地域や農家ではなく、「スマート器具」を開発するメーカーにあり、価値の源泉となる「データ」は全てメーカーに搾取されていきます。

結論

農業だけでなく、「スマート〇〇」については、

SDGsとかsociety5.0とか様々なステッカーが張られていますが、

結局は「地元や個人が良くなる仕組み」ではなく、

大手企業がデータを収集し、成長するための口実

ではないかと感じています。

☆★移住相談☆★

移住者として、移住に役立つ情報発信や、相談もしています♪

まずは五島市役所の移住定住サイトで、情報収集される事をおすすめします。

五島市移住定住促進サイト

☆★行政相談☆★

市議会議員として、市民の方からの問い合わせ相談もしています。

市政への陳情・相談

☆★政治相談☆★

若手政治家として、もっと政治の世界に多様性を増やす活動を推進しています。

政治や行政に興味のある方からのご相談・お問合せをお待ちしています。

【政治家志望者向け】無料相談/コンサル始めました