島暮らしは車社会が嫌いな人に不向き?~五島市を参考に~

ネコの声

車社会は島にとって良い事なの?

車が嫌いな人は島で不便になるの?

こういった疑問に答えます。

結論から言うと、島の車社会は「一見便利に見えて、デメリットが大きい」です。

この記事を読むと、島の車社会のデメリットが見えてきます。

島の車屋さんから聞いた話

先日、あいさつ回りをしていると、車屋さんからこんな声を聴きました。

この島は車が多すぎる。車の数を減らした方が良い。

私はちょっと驚きましたが、確かにそういう面はあると思います。

島では1人1台、自動車を保有しています。

移動は基本、車です。

だからこそ私は毎朝、交通量の多い交差点に立って挨拶をしています。

手を振りながら考えるのは、

もしもこの島で車が走れなくなったら、どうなろうだろう?

という事です。間違いなく、多くの方が困るでしょう。

通勤・通学・運搬・通院

など、五島は生活を車に依存する社会構造となっています。

結論から言うと、私は五島で暮らす人が

車に対する依存度を少しずつ引き下げていく

方向が望ましいと思います。

以下、車社会が持つデメリットを5つご紹介します。

1. 維持負担が大きい

これは個人にとって、非常に大きな負担となります。

  • 車検代
  • 部品代(本土からの取り寄せも多い)
  • 保険料
  • ガソリン代(特に離島は高い)
  • 駐車場代(特に街中は高い)

これらのコストを合計すると、中々バカになりません。

特に五島は、所得収入が総じて低いため、車出費が生活費に占める割合が高くなります。

https://nakanishidaisuke.com/2017/08/08/island-salary/

2. 健康にならない

高齢者が多い五島市の介護保険料は、年々増え続け、長崎県内でも高水準になっています。

https://nakanishidaisuke.com/2018/07/31/kaigohoken/

その理由の一つとして大きいのは、

わざかな移動でも車に頼ろうとする

事にあると感じています。私は五島の「歩こう会」に所属しています(平均年齢70歳くらい)が、皆様総じて健康的です。

やはり、歩く事と健康の関係性は大きいのでしょう。

その意味でも、車社会は「日本一健康な島づくり」の方針に沿わない構造であるといえます。

3. 郊外の一人勝ちになる

五島市は合併以来、一貫して人口が減り続け、中でも「旧五町」の疲弊は中心部である「旧福江市」よりも大きくなっています。

その原因の一つが車社会です。

旧5町のスーパーや飲食店は、その多くが「郊外の大型店舗」にお客さんを取られてしまいました。

これは商店街に関しても同じことが言えます。

商店街は駐車場が少なく(路上駐車が多い)、そのためお客さんが離れてしまう原因の一つにもなっています。

「商店街の活性化」

は、長く五島市の政治的テーマになっていますが、「車の移動が前提」になった場合、郡部と商店街は相対的に厳しい条件になります。

4. 島の経済にとってマイナス

もう少しマクロな視点で見ると、「車社会」は島の経済そのものにとってマイナスです。

車検工場やタイヤ販売店、車の販売代理店は存在しますが、肝心な「自動車の工場」は存在しません。

島を一つの国としてみた時、

  • 自動車の完成品
  • 自動車を動かすガソリン

は、島外からの輸入になります。島の中で自動車の重みが増えれば増えるほど、島外に流出する資金も大きくなってしまいます。

経済的な繁栄を目指すのであれば、

  • 島で車と動力を生産し
  • 島の外に車と燃料を輸出する

事が必要になります。

5. 高齢者に厳しい

高齢化率が4割に迫る五島市の中で大きな問題となっているのが、

高齢者の足の確保

です。

  • 免許を返納する
  • 歩ける距離で日用品が手に入らない
  • 公的なバスや支援者が存在しない

状態は、生活そのものが維持できない事を意味します。

車社会のメリット

もちろん、車社会は悪い事ばかりではありません。

  • 移動が自由で楽チン
  • ストレスフリー

など、都会の満員電車とは対照的に、個人のストレス軽減に繋がる側面も大きいです。

特に大都会から移住した人にとって、信号の少ない海岸の景色をドライブする事は、とても清々しい気持ちになります。

富江~福江あたりで目にする大浜海岸は、通勤が観光みたいな感じです。

まとめ

五島の「車社会」がもたらすデメリットは

  1. 高齢者の負担が大きい
  2. 高齢者の健康に良くない
  3. 島民の財布に厳しい
  4. 島の経済にとってマイナス
  5. 郊外の一人勝ちになる

などが挙げられます。

島の経済循環率を高め、島民の生活コストを下げ、高齢者にとって優しい島を目指すのであれば、

「車がなくても持続可能なコミュニティー」

が必要です。

徒歩圏内に生活に必要な最低限度のモノが手に入る状態です。

スポンサーリンク