【五島市】自治体版ベーシックインカムの導入を

本日は、ベーシックインカムの記事です。

【現状】

  • 五島市の観光業は大きな打撃を受けている。

http://www.ktn.co.jp/news/20200407005/

  • 4月8日現在では、終息の見通しがつかない。
  • 日本政府の救済措置は不十分。
  • 五島市は高齢化率が高く、生活が苦しい世帯が多い。
  • スペインではベーシックインカムの導入が決定された。

https://forbesjapan.com/articles/detail/33596

【今後】

コロナショックによる大量の失業を背景に、世界的にもベーシックインカムの重要性が増していきます。

とはいえ、日本政府の対応は極めて消極的(ケチ)である事が、今回の給付措置で明らかとなりました。

https://nakanishidaisuke.com/2020/04/07/syakai-houkai/

日本は消極的。ならば五島市で、全国に先駆けて、「自治体版ベーシックインカム」の導入を始めるのが良いでしょう。

実はこれ、2年前以上前からずっと考えています。

https://nakanishidaisuke.com/2018/04/02/if-mayor-5/

日本の西の端・五島から世界を変える大きなチャンスです。

  • 小さくて自給的な経済圏
  • 有機的な人と人との繋がり
  • 豊かな自然のリズムに合わせた暮らし
  • 労働と貨幣に依存しない社会

そんな夢を実現できるのが、五島列島です。

ベーシックインカムいつやるの?

今でしょ!

というのが私の心象です。

五島はきっと想像以上だ。

島の暮らしの最新記事8件