コロナショックで加速する価値観の転換

前回、「政治は外需依存から脱却すべし」という記事を書きました。

https://nakanishidaisuke.com/2020/03/10/kankourikkoku/

しかし突き詰めて考えると、これは「1人1人の生き方」の問題です。

極論、「自分以外」に依存した生き方をすると、ハッピーにはなれないと思います。

  • 結婚相手と気が合わない・・・
  • 取引先と上手く行かない・・・
  • 上司とそりが合わない・・・

とはいえ、

人は一人では生きていけません。

「人間関係」は非常に大事です。

 

ただ、「相手の出方」に自分の幸福の根幹が依存するような生き方は、そもそもリスキーです。

 

なぜなら、自分以外の人は変えられないからです。

 

お金があれば幸せになれる訳でもないし

地位や名声を得たから幸せになれる訳でもありません

 

そうした「外に向かう意識」を、自分自身に向けなおす、大きなチャンスと言えるかもしれません。

今回のコロナウイルスで、世界中の誰もが

あなたは何に依存して生きていくのか?

という重いテーマを突き付けられています。

世界はグローバリズムで繋がりましたが、

どこまで行っても自分は自分、あなたはあなたです。

 

東日本大震災の時と同じくらい、

大きな価値観の転換、生き方の転換が求められています。

手の届く範囲の中で、生き方を再構築する

そんな契機の場所として、

五島は最適な場所だと思います。

 

今回のコロナウイルスは、個人の価値観の大きな転換点です。

 

世界の歴史が示してきた通り、

1人1人が欲望をフル回転させ

社会がそれに呼応して

「外側への拡大」と繋がりを構築する事は

全体のシステムに大きな不安と混乱を招きます。

 

これからの世代を生きる人たちのテーマは、

「いかに小さく生きるか?」

だと感じています。

島の暮らしの最新記事8件