日記の効果は絶大。政治家の私が15年以上継続して分かった事

ノラネコ

日記って何の効果あるの?

どうすれば継続できるの?

こういった疑問に答えます。

私は中学生の頃から日記を書き始め、15年以上も日記を書いています。

この記事を読むと、日記の効果と継続の方法が分かると思います。

日記の効果

日記の効果をあえて一言で表現すると、

自己理解を通じて自信をつけ、周囲に良い影響を与える事が出来る

だと思います。もう少し詳しく説明しますね。

自己理解を通じた自信の獲得

兵法で有名な『孫子』の一節で

敵を知り、己を知れば百選危うからず

という言葉がありますが、まさに日記は、自己理解の大切なステップになります。

日記を書くことで、自分自身を客観的に見つめなおす事が出来ます。

例えば何か嫌なことがあったとき、日記がとても役に立ちます。

嫌な事やネガティブな感情って、「悪い出来事の集積」だったりしませんか?

今日は〇〇が嫌だった。しかも、××もあった。

さらに△△もあって、もう散々だった。。。

私の場合、そうした「出来事」と「感情」を吐き出す事で、スッキリする事が多いです。

それと同時に、「自分が何を嫌っているのか」客観的に捉える事が出来ます。

身近に打ち明ける相手がいない時や、中々他の人には話しづらい時、

自分が今、何を不快に思っているのか?

を知るツールとして、日記はとても効果的です。

さらに、日記を続けると自分が過去に、

どういう考え方で行動してきたのか?

が分かります。自分自身の考え方や価値観が分かっていれば、

大事な決断での迷いや心配も少なくなります

周囲に良い影響を与える

自分自身を知れば、

  • 自分が「どういう時に」嫌な気分になるのか
  • 自分が「どういう時に」楽しい状態になるか

が分かります。

このため、ネガティブな場面や選択を避け、ポジティブな状態を保てる可能性が高くなります。

逆に「気持ちの整理」が出来ないと、ついつい他のモノや出来事に当たってしまいがちです。

例えば、車の運転がつい乱暴になって、事故を起こしてしまう感じです。

負のスパイラルに陥る前に、その「芽」は積んでおいた方がよいです。

継続の方法

継続は難しい

私の場合は、たまたま中学校の頃から習慣的に日記を書いていたので、続ける事が出来ました。

しかし日記だけでなく、何かを継続したいと思った場合、

殆どが途中で挫折して、長続きしないのが現実です。

やらざるを得ない環境を作る

そこで、「やらざるを得ない環境を作る」事が一番だと思います。

例えば私の場合、街中から不便な地域に引っ越してから、禁酒になりました。

人間の意志はそこまで強くないので、おそらく街中にいたら継続できなかったでしょう。

最近は「交換日記アプリ」がありますので、これを友人や家族と一緒に始めてみるのがおススメです。

上級者向け

初心者向けには「日記アプリ」を紹介しましたが、

上級者向けには、オフラインの日記をおススメしています。

確かにブログやSNSは、他のユーザーから返信やアドバイスを貰えるというメリットがある一方、デメリットとして

本心で書きづらい場合がある

のも事実です。

当然、「インターネットの向こう側にいる相手」を意識しなければいけないからです。

しかし、本当の意味での自己理解は、

周囲に関係なく、自分自身の素直な感情と向き合う事

が必須です。

日記の継続に慣れてきたら、ぜひともオフラインで日記をおススメします。

15年以上続けて分かった事

私は会社を辞めてから、全く知人のいない五島市に移住して、4年目で市長選挙に挑戦しました。

周囲の方からは大いに反対をされましたが、考えは揺らぎませんでした。

見方によっては、頑固で意地っ張りなのかもしれません( ;∀;)

しかし、日記を通じて自分がどういう人間か、

ある程度分かっていたからこそ、

リスクを伴う決断が出来たも思います。

逆に日記を書いていなければ、ここまで自信をもった決断は出来なかったと思います。

  • 自分が何に価値を感じているのか
  • 自分がどんな生き方をしてきたのか
  • 自分が何を目指しているのか

それを知る手掛かりとして、日記は絶大な効果があります。

 

最後まで記事を読んで頂きありがとうございます。

ぜひ、今日から日記を始めてみませんか?(*^-^*)

☆★移住相談☆★

移住者として、移住に役立つ情報発信や、相談もしています♪

まずは五島市役所の移住定住サイトで、情報収集される事をおすすめします。

五島市移住定住促進サイト

☆★行政相談☆★

市議会議員として、市民の方からの問い合わせ相談もしています。

☆★政治相談☆★

若手政治家として、もっと政治の世界に多様性を増やす活動を推進しています。

政治や行政に興味のある方からのご相談・お問合せをお待ちしています。

心理学の最新記事8件