五島市事業継続支援金(2/24発表)

五島市事業継続支援金(コロナの影響で売上が減少した事業者の皆さまへ)

更新日:2021年2月24日

五島市事業継続支援金について

昨年末からの新型コロナウイルス感染症の急激な拡大により、市内経済においても大きな影響を受けていることから、事業の継続と雇用の維持を支援するため、市内事業者(法人及び個人)に対し事業継続支援金を給付します。

対象者

すべての業種で、事業所が五島市内に所在する法人または個人事業主(ただし、宿泊業については別の制度(五島市宿泊施設等受入基盤整備事業支援金)で支援しますので除きます。)

要件

以下のすべてを満たす必要があります

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年12月から令和3年2月までの売上で、前年同月と比較して減少率が20%以上の月があること(農業については、減少率を計算する方法が異なります。詳しくはお問い合わせください。)
  • 事業を継続する意思があること(数か月後に事業継続の確認を行います。)
  • 市税の滞納がないこと(分納誓約書を提出し履行していることを含む)
  • 令和元年分と令和2年分の確定申告(住民税申告)を済ませていること(個人事業主)
  • 五島市営業時間短縮協力金を受給していないこと(県からの営業時間短縮要請に応じた事業者で要件を満たした場合に1店舗当たり76万円の支給を受ける制度)

支援金額

1事業者あたり20万円(定額)

申請方法

郵送による受付

申請書類に必要事項を記入し、添付書類と併せて下記申請書送付先へ郵送してください。簡易書留、レターパックなど郵便物が追跡できる方法で郵送してください。

申請書送付先

郵便番号:853-8501
住所:五島市福江町1番1号
宛先:五島市緊急経済対策本部  事業継続支援金窓口  宛

申請期限

令和3年3月31日(当日消印有効)

申請書類

  1. 提出書類のチェックシート
  2. 交付申請書(様式第1号)
  3. 売上明細書(様式第2号)(農業の場合は追加様式があります(減収額算定表))
  4. 交付請求書(様式第4号)
  5. 誓約書(様式第5号)
  6. 委任状(市税の滞納がないことの確認のため必要です)
  7. 運転免許証、健康保険証、住民票の写し、マイナンバーカード(顔写真がある面)のいずれか
  8. 個人事業主:令和元年分及び令和2年分の確定申告書第1表、収支内訳書(白色申告事業者は、各月の売上がわかる帳簿も必要です)
    法人:法人税申告に係る決算書類など、対象月の売上が確認できる書類
  9. 令和3年1月と2月の売上帳簿
  10. 振込先の通帳の写し  申請者名と同一名義のもの(金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義が記載されているページが必要です)

1から6については原本を、7から10については写しを送付してください。1から6の様式については、このページからダウンロードできるほか、下記窓口にて入手できます。

申請書の入手先

  1. 五島市緊急経済対策本部(市役所3階)窓口
  2. 五島市各支所
  3. 福江商工会議所窓口
  4. 五島市商工会窓口
  5. ごとう農業協同組合窓口
  6. 五島漁業協同組合窓口
  7. 五島ふくえ漁業協同組合窓口
  8. 奈留町漁業協同組合窓口

お問い合わせ先

五島市緊急経済対策本部(市役所3階)
電話番号:0959-72-6124
電話受付時間:9時から17時(平日のみ)

☆★移住相談☆★

移住者として、移住に役立つ情報発信や、相談もしています♪

まずは五島市役所の移住定住サイトで、情報収集される事をおすすめします。

五島市移住定住促進サイト

☆★行政相談☆★

市議会議員として、市民の方からの問い合わせ相談もしています。

市政への陳情・相談

☆★政治相談☆★

若手政治家として、もっと政治の世界に多様性を増やす活動を推進しています。

政治や行政に興味のある方からのご相談・お問合せをお待ちしています。

【政治家志望者向け】無料相談/コンサル始めました

五島市の政治の最新記事8件