デジタル通貨を生体認証にすべき理由

デジタル円の発行方法

本日はこのテーマについて考えてみます。10月24日の共同通信によると、

機械の操作に不慣れな高齢者や子どもに配慮しつつ、スマートフォンやICカードなどの候補から最適な方法を選ぶ。

との事です。

どちらの方法が相応しいのでしょうか?

本日はこの2つに加え、指紋や光彩を利用した「生体認証」についても比較してみます。

結論としては以下の通りですが、一つずつ考察していきます。

観点 スマホ ICカード 整体認証
盗難・悪用
発行コスト
利用可能な人

共通して必要な仕組み

どの方法を取るにしても、共通して必要な仕組みは以下の通りです。

  • 個人の「口座情報」と紐づけ
  • 小売店での読み取り装置(リーダー)の導入
  • 「デジタル通貨」システムの維持管理

こうした導入コスト以外の面で、それぞれの方式にはメリットやデメリットがあります。

ICカードの場合

行政側で見た時、一番大きな問題は、カードの発行、配布のコストです。

マイナンバーカードの事例をみれば一目瞭然ですが、未だに普及率は2割台です。

既に財布の中に大量のカードが山積している現状をみれば、利便性も高いとは言えません。

紛失した場合の再発行もコストや、悪用への対策も必要です。

ICカードに「デジタル円」の情報を搭載するのは、「アナログの上にデジタルを載せる」形となるので、

デジタル化の本来の理念に逆行する方針であると言えます。

スマートフォンの場合

これはおそらく、スマホに政府公認のアプリをインストールする方法です。

その場合は、アプリの維持管理費とセキュリティのリスクはありますが、物理的なカードの発行コストを抑える事が出来ます。

スマホ自体を紛失するリスクもありますが、生体認証と連動させれば悪用のリスクを防ぐことも出来ます。

ネックとしては、スマホを持たない子供や高齢者が利用できないという点です。

この問題を解決するのが、生体認証です。

生体認証の場合

生体認証の場合、スマホもカードも持つ必要がありません。

イメージとしては、財布を持たずに手をかざすだけで決済が完了するイメージです。

個人の生物学的な情報は、盗難やコピーが困難です。

これが最もユニバーサルな方法であり、デジタル化のメリットを発揮できる方法ではないでしょうか。

まとめ

いずれにせよ政府は、デジタル円を「段階的に導入する」との方針です。

そうであるならば、アナログなカードは絶対に避けるべきで「100年後を見据えた方式」の導入を目指すべきです。

現在は生体認証技術を用いたリーダーのコストは高いですが、将来的にはAI技術も活用し、コストは下がっていくと考えられます。

生体認証を用いれば、スマホも財布も持つ必要がありません。

いずれにせよ、時代遅れな方針にならないと良いですね。

国の政治の最新記事8件