ポストコロナと島の可能性

本日はポストコロナ社会における、島づくりへの提言を紹介します。

内容はこちらのリーフレットに記載されています。

1.    一次産業の後継者不足に歯止めを!

五島市には活用されていない耕作放棄地が沢山あります。

一方で、「安心できる食事を子供たちに食べさせたい」という声を耳にします。

未利用地を活用した自然栽培・オーガニックの普及により、島の一次産業に新たな風を吹かせます。

2.    地域の孤独を防ぐ対策を!

都市への一極集中により、五島市では独居でお困りの方が増えています。

特にご高齢の方で「話し相手や話せる場が欲しい」という声が多いです。

地域全体で市民の声を傾聴する場所づくりを進め、お困りの方をサポートします。

3.    停電・断水を伴う災害への備えを!

台風9号・10号では私たちの生活が甚大な影響を受けました。

避難所では「これからどうなってしまうのか不安」という声を沢山聞きました。

今後の大規模な災害に備え、蓄電池の利用促進、技術開発の拠点づくりを目指します。

4.    私たちに恩恵のある観光へ!

五島市の観光客数は毎年増えていましたが、コロナで大きな打撃を受けました。

その一方で、「観光客が増えても私には関係ない」という声を多く聴きます。

私たちとの関りが生まれる観光、恩恵のある税制の在り方を目指します。

5.    見えない議会を見える化へ!

コロナや大規模災害などが多発する中、地方自治の役割も大きくなっています。

その一方、「議会では何をしているのか分からない」という声を多く耳にします。

議会の情報公開の在り方を見直し、誰が見ても理解しやすい発信を目指します。

 

そろそろ「本人」たすきが再登板するかもしれません。

五島市の政治の最新記事8件