長崎県議会選挙の投票率の分析

長崎県議会選挙の投票率

2023年4月9日に投開票された選挙の投票率の分析です。

参照データ

https://www.pref.nagasaki.jp/shared/uploads/2023/04/1681044811.pdf

本記事では、主に2019年との比較に基づき行われていますので、

  • 2019年に無投票だった選挙区
  • 2023年に無投票だった選挙区

を除いています。こうした自治体は、直近の別の選挙と比較すると、見えることがあるかもしれません。

全体の傾向

長崎県全体の投票率は下がっていますが、地区ごとにばらつきが大きいです。

投票率の変化(2019ー2023県議会選挙)

(市町名)
五島市-14.05-14-14.02
松浦市-6.02-9.35-7.75
大村市-7.8-6.84-7.3
小値賀町-3.48-6.34-5.01
島原市-7.03-6.28-6.62
佐々町-6.61-5.51-6.02
時津町-2.44-2.95-2.71
佐世保市-3.95-2.93-3.4
長与町0.771.190.99
長崎市1.642.932.35

投票率が下がった選挙区

上述の通り、ほとんどの自治体では投票率が低下しています。

長崎市の人口が多いため、全体としてみると投票率は46.58%で前回を1.44ポイント下回る形でした。

中でも五島市は前回と比べてー14%と、低下率が著しく高いです。

直近の県議会選挙補欠選挙の時は投票率が59.56%でしたので、それと比較しても8%近く低下しています。

この要因として

  • 新人候補の知名度不足
  • 政治活動の影響力不足

が大きかったのではないかと考えられます。

著しく投票率が下がった五島市と、投票率が向上した長崎市、長与町を除く市町村を平均すると、

投票率は5.7%低下しています。

投票率が上がった選挙区

投票率増加は長崎市と長与町のみでした。

中でも、長崎市は定数14に対して23人が立候補するという乱戦でした。

選挙活動が盛り上がり、投票率向上にもつながったと考えられます。

投票率と人口規模

人口5万人以下の選挙区では、人口が多いほど投票率が低くなる傾向にあります。

相関係数:ー0.48

(市町名)有権者数投票率
小値賀町1,97671.26
西海市21,85161.04
南松浦郡(新上五島町)15,47658.9
波佐見町11,75253.75
川棚町11,18153.47
五島市29,72351.46
松浦市17,74250.53
東彼杵町6,45848.14
南島原市36,30946.69
長与町32,90645.97
島原市35,82644.88
佐々町11,20541.71
時津町23,54339.62

 

☆★行政相談☆★

市議会議員として、市民の方からの問い合わせ相談もしています。

☆★政治相談☆★

若手政治家として、もっと政治の世界に多様性を増やす活動を推進しています。

新市長に実現してほしい事を募集しています。