【五島市】休校でオンライン授業が出来ない理由

感染拡大を受け、冨江の学校が休校になりました。

https://www.city.goto.nagasaki.jp/s092/010/010/010/140/20210113115343.html

保護者の方からは、

オンライン化を進めてほしい

という声がありますが、まだ実現はしていないそうです。

GIGAスクールに出遅れた長崎県

長崎新聞によると、2020年5月の段階では、

県内21市町のうち3月末時点でタブレット端末を全員分配備しているのは北松小値賀町だけで、多くの自治体は様子見の状態だった。

そうです。

https://this.kiji.is/637664794693010529?c=174761113988793844

五島市のGIGAスクール

そんな中での休校措置。

本来であれば、このタイミングでオンラインへ移行できるのが理想でした。

五島市もGIGAスクール自体は進めているらしく、9月議会によると、

児童生徒用PC端末整備につきましては、国の公立学校情報機器整備の補助金があり、地方負担分に新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を充てることが認められている。

ことから、学校内での整備が進められていました。

ところがこのPC、家に持ち帰る事が出来ないそうです。

持ち帰りの予定については、

児童生徒の活用能力、次に家庭のWi-Fi環境の整備が進み次第段階的に持ち帰りを想定

との事でした。肝心のWi-Fi環境の普及率については、

現状把握ができておりませんが、平成25年度総務省の調べでは全国で約40%の普及率

だそうです。

五島市も「スマートアイランド構想」を謳っている以上、早い段階でオンライン教育が実現されるようにしていきたいですね。

https://www.city.goto.nagasaki.jp/s052/060/130/20210115134715.html

五島市の政治の最新記事8件