CATEGORY

国の政治

  • 2020年5月18日
  • 2020年9月19日

【コロナ後】これから伸びるビジネスは?~ながさき地域政策研究所を参考に~

ねこ コロナ後、どんなビジネスが伸びるの? 産業構造はどう変わるの? そんな疑問にお答えします。 結論から言うと、コロナ後に伸びる(と言われている)ビジネスの業種は IoT関連企業 ではないでしょうか。その根拠となる「ながさき地域政策研究所」に掲載されていたレポートの紹介です。 今後のビジネス展望 (第1部)コロナウイルス緊急事態宣言を受けた長崎への提言―コロナ後の世界に向けて http://ww […]

  • 2020年5月13日
  • 2020年9月12日

五島市で持続化給付金の申請サポートしています

持続化給付金 100万円が支給される制度ですが、パソコンがないと申請が出来ないという問題があります。 https://news.yahoo.co.jp/articles/c6338a84e952b800b7aeb03c2914b3f2688fc861 五島市の中には、個人経営でパソコンを持たない方も多くいらっしゃいます。 そこで、申請のサポート業務をしています。 料金はIT出張と同じで 1時間15 […]

  • 2020年3月26日
  • 2020年9月12日

現金給付は全国民を対象とすべき

3月26日の日経新聞によると、 現金給付は「所得が大幅に減少した世帯に」検討が進んでいるそうです。 財政出動の規模はGDPの1割となり50兆円規模になるとされています。 日本の世帯数は約5300万あり、例えば全世帯に20万円を給付した場合、 10兆6千億円の予算が必要となります。 これだけでも、全体の予算規模の20%程度に過ぎません。 仮に給付条件を設定した場合、審査の事務作業が途方もなく大変です […]

  • 2020年3月18日
  • 2020年9月12日

地域の自治体の経済対策調査

緊急経済対策を こちらの記事にも書いた通り、国の経済対策とは別に、「地方自治体」の経済対策が必要とされていると感じます。 https://nakanishidaisuke.com/2020/03/17/emergency-plan/ そんな中、「福江商工会議所」と「商工政策課」からメールが来ましたので、ご紹介です。 商工雇用政策課より 受領日(メール):3月18日 回答期限:3月23日 以下、抜粋 […]

  • 2020年3月15日
  • 2020年9月12日

コロナショックと政治の目指すべき方向性

強風と恐怖 本日もコロナ関連の話です。 大村の町を歩きながら、 予想よりも早く、大きく風の向きが変わっている と感じた次第です。 以前の動画では、「スーパーリバース」の紹介をしましたが、思っていた以上にそれが早く来そうです。 簡単に言うと、「今までの常識」が全く逆になるという話です。   株式市場の「恐怖指数」が上昇し、 株価の下落と経済の縮小が避けられそうにありません。 そんな中、私た […]

  • 2020年3月11日
  • 2020年9月20日

資本主義の終わりは近い?~問題点を分かりやすく解説~

ねこ 資本主義ってオワコンなの? とはいっても、どんな問題があるのか、今一つ分からない。 そんな疑問に答えます。 簡単に私の自己紹介をすると、 大学で社会心理学を専攻 会社で金融システムに関わる仕事に従事 移住先の五島市で政治家を目指す活動(市長選挙で敗北) という形で、「今の社会の仕組み」を少しでも良くできるように活動しています。 この記事を読むことで、「資本主義の抱える問題」をイメージできるよ […]

  • 2020年3月10日
  • 2020年9月12日

観光立国からの方向転換を

おはようございます。 先行きの目途が立たないコロナ騒動についての、長崎新聞の情報です。 経営・資金繰り… 中小企業の相談198件     新型コロナの影響受け県の窓口に今月急増 https://this.kiji.is/609765688413144161?c=174761113988793844 新型コロナで「いっそ廃業」 相次ぐキャンセルに事業者悲鳴 https://this.kiji.is/ […]

  • 2020年2月21日
  • 2020年9月12日

地方自治体へのお金の流れが変わった

五島市の財政 人口3万6千人規模の五島市は、全国の離島と同じく財政が火の車状態です。 そうした中で、当然「出来る事」よりも「出来ない事」が目につくようになってきます。 助けられない「二次離島」 中でも顕著なのが、人口規模の少ない所謂「二次離島」です。 例えば、五島市の中学生が参加する「中学生議会」でも 「不便さを何とかしてください」 という陳情に対して、行政は 「費用対効果を考えると、出来ません」 […]