日本の若い政治家のまとめ~知事・市長編~

ねこ

日本は若い政治家が少ないイメージだけど、どうなの?

政治家の年齢が若返らないの?

こうした疑問に答えます。

この記事を読むと、「若い政治家は本当に少ないのか?」分かると思います。

本記事では、政治家の中でも「市長・知事」に絞ります(自治体の市議や町議、国会議員は除く)。

結論から言うと、若い政治家(30代)は全国でも「数える位」しかいません。

https://uub.jp/cpf/young.html

話題となった若い知事・市長

直近20年くらいで全国的に話題となった「若い政治家」を時系列でまとめました。(漏れもあります。すみません)

詳しい経歴が気になる方は、ぜひWikipediaで調べてみてください。

選挙年 名前 当選時年齢 当選した自治体(その後) 2020年9月時点
2006 国定勇人 34歳 三条市長(4回当選) 三条市長
2006 樋渡啓祐 36歳 武雄市長(4回当選) 様々
2008 倉田哲郎 34歳 箕面市長(3回当選) 不明
2009 熊谷俊人 31歳 千葉市長(3回当選) 千葉市長
2009 山中光茂 33歳 松阪市長(1回当選) 診療所院長
2010 高島宗一郎 36歳 福岡市長(3回当選) 福岡市長
2011

鈴木英敬

36歳 三重県知事(3回当選) 三重県知事
2011 鈴木直道 30歳 夕張市長(2回当選) 北海道知事
2013 崎田恭平 33歳 日南市長(2回当選) 日南市長
2015 吉村洋文 40歳 大阪市長(1回当選) 大阪府知事
2015 園田裕史 38歳 大村市長(2回当選) 大村市長
2017 東修平 28歳 四条畷市長(1回当選) 四條畷市長
2020 内藤 佐和子 36歳 徳島市長(1回当選) 徳島市長
2020 石丸伸二 37歳 安芸高田市長(1回当選) 安芸高田市長
2020 岡田吉弘 35歳 三原市長(1回当選) 三原市長

平均年齢はどのくらい?

全国には1700余りの市町村が存在します。

全てのデータを見るのは大変なので、参考として私が住む長崎県の市町村をご紹介します。

長崎県

長崎県の市長・町長の一覧はこちらです。

https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kenseijoho/kennaishichonogyozaiseijokyo/sicho_gyosei/gyose/414501.html

長崎県の市長・町長の年齢を分析してみると、21市町村で

  • 中央値:67.5歳
  • 平均値:66.1歳
  • 最小値:43歳
  • 最大値:77歳

という結果でした。

 

おそらく、他の市町村でもほぼ同じような傾向ではないでしょうか。

新しく発足した菅内閣の平均年齢も、60.3歳ということですので、ボリュームゾーンは60代、というのが政治家の中央値でしょう。

2021年注目!若いリーダーの紹介

2021年も活躍が期待される若いリーダーを5人紹介します(敬称略)。

高島宗一郎

福岡市を経営する形で、次々と新しいチャレンジをされています。

先日は「Newsバー橋本」にて、地方分権・規制改革の在り方についてお話をされていました。

https://nakanishidaisuke.com/2020/09/chihou-bunken/

東修平

Newspicksアカデミアで「リーダー論」の講義をされています。

政治家だけでなく、若いリーダーには聴く価値があるお話なのでおすすめです。

https://newspicks.com/academia/professors/28

鈴木直道

現役北海道知事の鈴木氏の書籍はこちらです。

粘り強く、真摯な努力家であるという印象を受けました。

吉村洋文

市議、国会議員、知事、市長という異色のキャリアを持つ吉村氏。

都構想の実現に向けて政治を動かしています。

熊谷俊人

2021年4月の千葉県知事選挙への出馬が見込まれている熊谷氏。

こちらの本は大変勉強になりました。同時に、選挙への大きな布石であると感じました。