少子高齢化にどう向き合うのか?

選挙3日目になりました。

本日は、長崎新聞に掲載されていた記事を基に、

「少子高齢化にどう向き合うのか?」

という高校生からの声に対する回答を紹介していきます。

問題設定

少子高齢化は事実です。

しかし、それに付随する「問題設定」は無数に可能です。

戦後の日本のように、

ピラミッド型の社会構造が良いのか?

という問いから始まり、もしそれが正しいのならば、

いかに若い世代を増やすか?

が鍵になります。

しかしながら、私は社会構造として、

ピラミッド型を目指す

のではなく、

高齢化社会でも不自由さを感じない仕組みづくり

が必要だと考えます。

具体的に言うと、山間部へき地の高齢世帯の方は、買物や通院が不便になります。

短期的には移動サービスへの公的支援の拡充、長期的には技術活用した省力化(オンライン診療、買物)です。

その他の問題としては、働き手不足です。

これも短期的には公的支援によるサポートと、長期的には省力化が求められます。

だから車の両輪政策として、

  • 取り急ぎ、人手不足の解消
  • ゆくゆくは、技術活用による省力化

これを同時並行で運営する必要があります。

世代間の声を収集

選挙活動を通じて、市民の方から様々な声を伺います。

そうした声を、世代間で集計し、分析し、必要な対策を検討する、という事が必要です。

今の政治に欠けているのは、この「聴く力」だと感じます。

料亭が毎日新鮮なネタを仕入れるのと同様に、行政も市民からの声を毎日聴き、それを活かしたメニュー立案を考えるべきです。

https://nakanishidaisuke.com/2020/07/05/sichounoshigoto/

☆★移住相談☆★

移住者として、移住に役立つ情報発信や、相談もしています♪

まずは五島市役所の移住定住サイトで、情報収集される事をおすすめします。

五島市移住定住促進サイト

☆★行政相談☆★

市議会議員として、市民の方からの問い合わせ相談もしています。

☆★政治相談☆★

若手政治家として、もっと政治の世界に多様性を増やす活動を推進しています。

政治や行政に興味のある方からのご相談・お問合せをお待ちしています。

五島市ビジョンの最新記事8件