五島市の緊急経済対策に対する評価

五島市の緊急経済対策

4月30日の臨時定例会にて、五島市の緊急経済対策が審議されました。

予算措置の方針として

国の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策に基づき、感染拡大防止策、事業の継続及び雇用の維持、生活に困っている世帯や個人への支援策など市内各所における影響を把握しながら、迅速に対応するための予算措置を講じる。

とあります。

その中身については非常に複雑で、臨時議会でも様々な質問が飛び交いました。

https://nakanishidaisuke.com/2020/04/30/economic-plan/

まずはその中身について、列挙します。

五島市経済対策の一覧

【利子の補給】

  1. 緊急資金繰り支援資金融資保証料及び利子補給金
  2. 五島市経営改善貸付利子補給金
  3. 五島市中小企業振興資金利子補給金

→貸付の利子に補助がされます。

【雇用の維持】

  1. 緊急経済対策雇用補助金(国の制度に上乗せ)
  2. 雇用機会拡充継続事業費補助金(国庫補助事業)

→「1」は雇用調整助成金が条件、「2」は国境離島の採択者が条件となります。

【事業の継続】

  1. 緊急経済対策事業継続支援金

→前年同月比30%減の場合、上限30万円で給付されます。

【漁業者への補助】

  • 緊急燃油高騰対策事業費支援金

→燃油1リットル当たり10円が補助されます。

【物産の促進】

  • 五島市産品販売促進事業

→島外の方向けへの販売支援です。

【生活支援】

  1. 特別定額給付金(国庫補助事業)
  2. 子育て世帯臨時特別給付金(国庫補助事業)

→「1」は10万円、「2」は1万円です。

五島市経済対策への評価

経済対策の項目が沢山ありますが、どれも「焼け石に水」です。

五島市として一番の目玉となる「30万円」にしても、掻き入れ時のGW期間の損失を補填するのには、圧倒的に不十分です(市長もそれを認めています)。

今回、観光業の事業所が使える五島市のメニューは

  • (国) 持続化給付金(200万 or 100万)
  • (長崎県) 休業協力金(30万円)
  • (五島市) 事業継続支援金(30万円)
  • (国+県+市) 雇用調整助成金(最大1万円?)

ですが、国や県の補助に上乗せするという発想は、制度自体を更に複雑化させるので、対策として悪手です。

そもそも、大きなホテルなど、規模の大きな事業所の場合、固定費の負担(人件費+テナント料)が大きいため、総合的にみて今回の損失補填では不十分です。

財政力の乏しい五島市では、大きな事業所の大きな損失を全てカバーする事は不可能です。

燃油高騰対策の10円補助も同様に、焼け石に水です。

現在は東京や大阪を始めとする首都圏の需要が蒸発している状態ですので、いくら燃料代を安くしたところで、赤字の垂れ流し状態となり、意味がありません。

今、民間の事業者が欲しいのは、

雀の涙ほどの給付金

ではなく、

いつから事業が再開できるのか?

という見通しです。

ただ、これは政治の側に期待しても、中々見通すことは難しい状況です。

望ましい市町村の対応とは?

アレコレと水を沢山の場所にバラまくと、

それだけマンパワーが必要になります。

行政職員も市民も議員も、新しい補助金や制度の中身を知り、それを活用するには

多大な労力と人件費が必要

となります。その典型が、今回の五島市の臨時議会で挙げられた「質問の多さ」です。

アレコレとメニューが増える中、5月は間違いなく、行政職員が窓口対応に忙殺されることが予想されます。

そうしたメニューを費用対効果の観点で見ると、

「いっそやらない方がマシ」

な対策が多いです。これは、消費税の軽減税率によってレジのシステムが複雑になってしまったのと同様です。

私だったら、複雑且つ効果が不十分(焼け石に水)と考えられる以下の補助は全て止めます。

  1. 各種、利子の補給
  2. 緊急経済対策雇用補助金(雇用調整の上乗せ)
  3. 緊急経済対策事業継続支援金(30万円)
  4. 緊急燃油高騰対策事業費支援金(1リットル10円)
  5. 五島市産品販売促進事業

その代わりとして、特定定額給付金(一律10万円)の金額を上乗せします。これにより、

  1. 「煩雑な行政手続き」を可能な限り減らし
  2. 住民が仕組みを理解するハードルを下げ
  3. 市民全員が市の財政的な支援の恩恵を受ける

事ができます。

今回、3億7,532万円が「各種の支援メニュー」に盛り込まれましたが、これを全て定額給付に上乗せした場合、対象者が36,493人ですので、一人当たり10,284円の上乗せが可能になります。

危機的な状況の中で大切な事は、

いかに無駄な事を減らすか?

だと感じます。

五島市が真剣に取り組むべきなのは、小手先の経済対策(焼け石に水)ではなく、より重大なリスク(医療崩壊・交通崩壊)に対する備えです。

https://nakanishidaisuke.com/2020/04/30/iryouhoukai/

☆★移住相談☆★

移住者として、移住に役立つ情報発信や、相談もしています♪

まずは五島市役所の移住定住サイトで、情報収集される事をおすすめします。

五島市移住定住促進サイト

☆★行政相談☆★

市議会議員として、市民の方からの問い合わせ相談もしています。

☆★政治相談☆★

若手政治家として、もっと政治の世界に多様性を増やす活動を推進しています。

政治や行政に興味のある方からのご相談・お問合せをお待ちしています。

五島市ビジョンの最新記事8件