公務員は爆発だ

おはようございます。

Iターン少年の中西です。

過激なタイトルで申し訳ありません。m(__)m

さて本日は、

これからの自治体のリーダーの仕事とは?

という話です。

自治体のトップが目指すべき方向性、

私の場合で言うと、

困っている人を助ける

これがテーマになります。

そのため、この指針に沿わない政策や予算は、カットします。

その次に考えるべきは、いかに組織を動かすか?という事です。

これからの自治体は、「待っている」だけでは圧倒的に不十分で、職員自らが、「困っている人を探しに行く」という、能動性・主体性が求められます。

ただデスクの前に座って、言われたことを機械的にこなすだけならば、それはロボットでも可能です。

私もこれは、社会人の研修の時に言われた事ですが、

日常の吸引力・重力は恐ろしく、

人間はスグに楽をしたがります。

一度自分のパターンを見つけると、

無意識のうちにそれを反復するだけになってしまいます。

 

丁寧に仕切られた空間でPCの前に座り、

あたかも難解な方程式を解いているかのように

しかめっ面で「タコつぼ」仕事に打ち込む

 

私は忙しいんです、、、

誰もがそんな顔の比べっこに参加しています。

これは多くの組織人が陥りがちな罠であると思います。

 

今の時代は、人工知能の不可避的な広がりの中で、

大きな転換点を迎えています。

政府が掲げる働き方改革とは別の水準で、

生き方改革

が求められています。

そこでリーダーの仕事としては、

プロ公務員を育成する

という視点が必要になると感じています。

プロ公務員とは、他の自治体に出張で出向き、講師料としてお金を頂戴する、まさしく「プロ」です。

それが自治体の税収にも寄与すれば、なお良いです。

稼ぐ公務員。

多くの自治体が前例のない変革を求められる中で、「プロ人材」の需要はますます高くなっていくと考えられます。

しかしながら、事務仕事が溜まっていては、中々そんな時間も作れません。プロ人材が育つための土台としては、

能動的な仕事(市民を助ける)が実現できる体制づくり

です。具体的に言うと、

  • 受動的な事務仕事を、可能な限り機械で代替する
  • 職員の働き方の改革(リモート推進)
  • 「プロ」インセンティブとしての副業解禁

です。

まとめると、従来の公務員は、多くの場合、

役場に出勤し、デスクに向き合う事が仕事の前提

でした。

年数に比例して役職と給与が算定されるため、仕事の本質は「いかに長く続けるか?」が大事でした。

しかし、そんな時代はもう終わりを迎えようとしています。

これからの自治体リーダーは、「職員の力を最大限に発揮させるマネジメント」が必要です。

リーダーは、役所の職員の仕事を、

1人1人が能動的に動き、市民に向き合う事が前提

に変えるべきです。

中に向いていた注意を、外に向ける

その大転換を促すのが、

公務員は爆発だ

というタイトルでした。

 

心の中は、爆発とは反対の状態に保っていたいですね。

☆★移住相談☆★

移住者として、移住に役立つ情報発信や、相談もしています♪

まずは五島市役所の移住定住サイトで、情報収集される事をおすすめします。

五島市移住定住促進サイト

☆★行政相談☆★

市議会議員として、市民の方からの問い合わせ相談もしています。

☆★政治相談☆★

若手政治家として、もっと政治の世界に多様性を増やす活動を推進しています。

政治や行政に興味のある方からのご相談・お問合せをお待ちしています。

五島市ビジョンの最新記事8件