長崎県五島市の参議院選挙の分析

参議院選挙

令和元年7月21日に投開票された五島市選挙の結果です。(五島市HPより)

選挙区では、古賀氏が当選しました。

速報時刻21時10分22時26分
 開票率51.98%100.00%
古賀 友一郎 4,0008,506
白川 鮎美4,0006,747
神谷 幸太郎500544

ーーー

開票率100.00%
速報時刻確定 7月22日1時32分
日本共産党1,111
自由民主党5,092
オリーブの木53
社会民主党250
公明党945
国民民主党845
日本維新の会514
幸福実現党40
立憲民主党1,137
労働の解放をめざす労働者党14
NHKから国民を守る党224
安楽死制度を考える会31
れいわ新選組145

本日は、この結果の分析です。

低迷する投票率

長崎新聞によると、五島地区の有権者数は31,963人、投票率は51%です。

県議選挙との比較

県議選挙(4月)参議院選挙差分
65%51%14%

ちなみに、時事通信によると、

参院選の選挙区の投票率は48.80%となった。

とあり、全国とほぼ同じ水準となっています。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072100248&g=pol

期日前を含む投票期間は長かったですが、五島市地区では目立った選挙運動も行われず、盛り上がりは欠けていたという印象です。

県議選挙から下がった投票率を、ひとまず「国政への距離感」と呼んでおきます。

自民党の選挙区と比例区の差

今回気になる点としては、「自民党票」です。

選挙区比例区差分
8,5065,0923,414

県議会選挙時の自民党候補への投票数が10,056でしたので、これが「国政への距離感」で減少した分(15%)を計算をすると、8,535となり、ほぼ上記の「選挙区」と同じ数になります。

しかし、比例区になると、選挙区では入れていたはずの人たちの40%に当たる3,414人が、比例区の「自民党」に票を投じていません。

自民党の勢力から見たら、一種の背信行為です。

選挙区では自民党候補に投票し、比例区では自民党以外に投票する人の心理としては、

義務(選挙区)は果たしたので、あとは本音(比例)で。

という感じでしょうか。

比例区の構図

比例区については、以下の通りです。

 票数獲得率
自民5,09249%
公明9459%
その他4,36442%
合計10,401100%

自民+公明以外の票数がいわゆる「与党への支持票」だと取れますが、その数をみると、いわゆる「野党」への票数を上回っています。

僅差ではありますが、五島では政党への支持として、投票者の数でみると

与党勢力 > 野党勢力

であることが分かります。ただ、特筆すべきなのは、与党+野党を超えた勢力として、「無投票層」があります。

最大勢力は無投票層

今回、選挙区へ投票した人のうち、白票と無効票を「非投票者」として考えると、

 人数
投票者数15,79749.8%
非投票者数15,89650.2%

となるため、最大勢力は「候補を選ばなかった人」です。

県議会選挙の時も同じでしたが、当選した人の獲得票よりも、投票しなかった人たちの票の方が多い、という構図が続いています。

https://nakanishidaisuke.com/2019/04/08/yamadashi/

今回は、それを上回る、「投票者の総数」よりも「非投票者数の総数」の方が多くなっています。

地元の選挙(首長選挙+市議選挙)では、この部分の開拓が鍵となりそうです。

 

☆★行政相談☆★

市議会議員として、市民の方からの問い合わせ相談もしています。

☆★政治相談☆★

若手政治家として、もっと政治の世界に多様性を増やす活動を推進しています。

新市長に実現してほしい事を募集しています。