若者移住者が地方政治に関わる余地はあるか?

あけましておめでとうございます。

年賀状が禁止されているので、ブログにて失礼いたします。

 

昨年は、多くの方に支えられて助けられた1年でした。

今年はそのご恩を少しでも返せるように、相変わらず走り続けたいと思います。

 

さて、タイトルの通り、「若者移住者が地方政治に関わる余地はあるか?」ですが、私は大いにあると感じています。

それは「地方政治がピンチ」状態であり、「改善の余地」が沢山残されているからです。

地方政治はピンチ

地方議員のなり手不足や高齢化が叫ばれる中、地方の政治はピンチ状態です。私に出来る事は

  • 若い世代の意見を取り入れる事
  • チャレンジをしたい人と一緒に帆走する事
  • 20年~30年スパンで物事を考え実践する事
  • IT活用に向けた助言やアドバイスをする事
  • 外からの人材やツールを紹介する事
  • お困りごとに迅速に対応する事
  • 持続可能な社会に向けた提案・活動をする事

です。

地方はデジタル化の余地が大きい

特に政治の世界では、IT活用が遅れてアナログな文化が根強く残っています。

昨今話題のデジタル化に向けて、もっと地方から変えていける余地が大きいと感じます。

同時に、コロナで分散型の社会への勢いが加速しそうです。

イメージとしては、大きなジグソーパズルを完成させるように、

「人と人」を結んだり、「仕事とデジタル」を結んだりしていきたいです。

そんな漠然としたイメージを持ちながら、ピンクカラーの車で各地を回っています。

見かけたら気軽に声をかけてください(*^-^*)

五島市の政治の最新記事8件